読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年を振り返る

.




「は!?退所!?」



好きだった、応援してた子の退所。と謎の軍団G=AGEの誕生。初めて応援してた子の退所というものを経験して割としばらく引きずったけどもういいかな、うん。キミはキミらしく、頑張れ。



そして



「解散!!!?」



昔からテレビで見てたSMAPの解散報道。未だに信じられない。当たり前が当たり前じゃなくなるんだな、って。




「ラジオ!!!」




衝撃の安井さんと高橋さんのらじらー!サタデー。京安でやるという案はなかったのか…?




「らぶちゅーん?は?」




安井謙太郎のグループ結成。嬉しいとかそういう感情は何もなくてただただ「京安が余計にみれなくなる」そういう恐怖にかられた。でも京安は京安だったね笑





「諸星…。長妻…!?阿部顕嵐!?」




そのグループに追加メンバー。諸はともかく阿部顕嵐と長妻には衝撃を受けた。谷妻の谷村の片思い感がえげつなく好きだったし顕嵐はトラジャどうすんの?って感じだった。森田と顕嵐奪ってどうしてくれんの?本当に嫌だと思った。せっかくみゅーとさんが兼任だってわかって、4人をやっと応援できると思ったのに、っていう。でも今は割と吹っ切れた、かな。森田さんがトラジャ脱退したらまたかわるけど、今は、うん。





「待って!かわいい!!!」




関西ジャニーズJr.西村拓哉くんとの出逢い。ずっと道枝くんを推してたのに西村拓哉くんに目を奪われました。好きです。かわいい。ほんとに。弟にしたい…。




あとはトラジャの沼やろくーん沼などすごく沼にズブズブハマってた1年だったなあ…。京安も完全に深くハマった。




はい、という感じでぐだぐだ自担との2016年を振り返ります。




まず歌舞伎とかのジャニ舞台をはじめ、スーベニアの出演とエリザ続投。そして地上波テレビ出演。PON!(2回)やアップデート大学に単独出演。モシモノふたりにも出演。現場たくさんでテレビもたくさんで、とても恵まれてると思った。全ての仕事で全力でがんばる自担には本当に元気を貰える。




また、今年初めて、自担に会えた。




何故かのピンク髪と、ルドルフな自担さん。エリザもサマステもわりと近くて遠かった。



見事なまでに干され、視界にも入らず、ライブなどで恒例の




「私!目があった!!!」




もなかった。ほんとに。つらい。笑自担を目で追って



「あれ、そっち?あれ、見えてる?あれ?」



気づいたら終わってました。




来年はファンサとかあればいいなあ。




京安現場もあわよくば欲しいなあ…。





しめ会と京本会続けばいいなあ。




とりあえず自担、好きです。




これからも京安ととらじゃちゃん。



時々デビュー組と関西。







2017も幸せにしてね、自担ちゃん。





今年また年末に爆弾落とした某AGEさんたちも新しい、今度こそちゃんとした道が開けるといいね。




そして…

ジャニーズJr.祭りが楽しみです。 





結婚したい阿部ちゃんにも会えるなあ。





でもみなさん、





「大好き程度で結婚すんじゃねーぞ!!!!!!」





以上、2016年でした。




よし、カウントダウンまでにやること全部終わらせよう!



.

自担が22歳になった話

.



2016年12月3日



自担が22歳になりました。




21歳はエリザ、スーベニアといった外部舞台、少年たち、ジャニワなどのジャニーズの現場、PON!、アップデート大学などのテレビ出演などいろいろな仕事がありました。ヲタク的にも濃い1年でした。



どうせまた年末に書くので今は軽くふわ~っと書いてくとやっぱりスーベニアは大きかったな、と。見に行けなかったけど外部の大きな舞台。自担の頑張りがいろんな人の目にとまったんじゃないかな、と思う。とりあえずマダムフローレンス見に行きたいなあ…。



22歳ってなんかキラキラしてるね。




22歳、何があるかわからないけどあなたの努力が花咲き、実る。そんな1年になったらいいなって思ってます。



話は変わりますが…



京安って3歳差なんですよね。



京本さん誕生日迎えるまでは4歳。



いや、なんか、改めてびっくり。笑



3歳って意外と離れてるのに安井って呼び捨てにしたり舎弟扱いしたり…兄弟かよ(;_;)かわいいかよ(;_;)




もうとりあえずね、これからも好きだよ。




京本さんも、安井さんも、京安も。




22と25。




素敵な1年にしてね。





.

KAT-TUNの沼にはまるまで

.



私は今KAT-TUN勉強中である。




好きになったきっかけは『PERFECT』だ。最初に見たのはSixTONESのメドレーのほんの数十秒。でも直感的に「これ好き!!!」って思った。(PERFECTが京本ラインの大事な曲だというのを知りもっと好きになるのは割とすぐな話)そしてちょうどその時期に田口くんのことがあって、今こそKAT-TUNの曲を聞こう、と思った。 だからまず即PERFECTを調べて5人のKAT-TUNが歌ったPERFECTを見た。鳥肌がたった。なんかどうしようもなく元気づけられてる気がした。特にラップ部分の

努力は必ず誰か見てるから
見てなきゃ俺からyell送るから
DON'T BE AFRAID!
さぁ前へ前へ FLY HIGH


ちょうどその時期、自分もいろいろあってメンタルがズタズタのボロボロだった。でもこれを聞いて頑張ろうと思えた。


こんないい曲だからアルバムに入ってないはずはない!と思いレンタルショップに走ると


「PERFECTないじゃん!!!」


そう、PERFECTってWHITEのカップリングなんですよね~。ガックリ。とりあえずなんか悔しかったから女王のアルバム借りました。SixTONES歌ってた『愛のコマンド』とか入ってたので。



アルバムの感想はとりあえず



「かっこいい!やばい!」



でした。予想通りのヤバい系の曲から爽やかな曲まで…とりあえずすごかった。Keep the faceとか喜びの歌とか素晴らしくタイプドストライクだった。


前の記事でも言ったんですがたまたまそのCDにDVDついてて、好奇心で見たんですよ。そしたら



赤西仁ってかっこいい…」



って状態になって田口くんの残り日数のカウントダウンが始まる中『ごくせん』『有閑倶楽部』をとりあえず見漁った。それが終わったら昔の少クラなども一通り見た。同時進行でハイフンさんのブログ読んだり『WHITE』を探したりアルバムを借りたりライブDVD買ったり赤西くんの曲をiTunesで一曲買ってしまったり…。


((世の中ってその気になれば簡単に沼にはまれる状況なんだなと思った))


気づけばゆるくヲタクしてたeightより熱く語れるんじゃないかレベルにまでなった。びっくり。


それでもまだまだ勉強中なのは私が知ってるのは赤西くんがいた聖くんがいた田口くんがいた6人時代と最近のKAT-TUNだけだから。


とりあえず今はまだ6人のライブDVD(二枚目)を買う時点である。海賊帆買うか王冠買うか女王買うか…いろんな方のレポもみつつ迷ってます。誰かオススメ教えてください…。




ああ、とりあえずセーラーマーキュリーになりたい




.

“SixTONES”

.



SNSとかで自分の考え語る人」



嫌いって自担に言われましたが語ります。はい。



SixTONESについて語ろうと思う。



これは完全に新規ジャニヲタが自分的に思ったことをただただ語るだけなので暖かい目で読んでくださいm(_ _)m



さて、SixTONESとはバカレアというドラマ・映画に出ていた人たちの括りである。そして2015年5月1日『バカレア組』と呼ばれていた括りに『SixTONES』という名前が付き正式にグループが結成された。



そしてSixTONESは瞬く間に舞台や主演映画などの仕事やオリ曲4つをもつ人気グループとなった。


でもSixTONESのファンはSixTONES担とオンリー担がハッキリしていて、割とオンリー担は多い気がする。


(私も最近考え方がオンリー担化している。)


その理由のひとつとしてSixTONESには全員昔いた括り、グループがあることが1番大きいと思う。森本はスノプリ、高地にはB.I.shadow、松村にはB.I.と北ジェ、樹にはヒプホ、ジェシーにはヒプホと北ジェ、京本には京本ライン。SixTONESにいる自担よりそっちの自担の方が好きという人は一定数いると思う。


そしてもうひとつは全員がセンターになれるタイプなのだ。今センターの2人(京本、ジェシー)より自担の方がセンターに向いてるんだから代われよ、と思ってる他担の方々はとても多いと思う。


私の場合自担がセンターだから、気持ちがわかるわけないと言われるかもしれないがセンターになれるはずの自担がセンターじゃないのはとてもしんどいものがあると思う。(私も某アイドルグループでそのもどかしさからセンターを叩いていた時代があった。)



今月号、だろうか。某誌でのセンター2人の対談での自担の発言がいろいろ波紋をよんだ。



私も読んで苦笑いした。なんか流石だな、と。 



SixTONESより京安京安言ってる私だがなんだかんだ自担はSixTONESのことを嫌いではないと思う。バカレアサマリーで「しっくりこなかった」とか痛烈な発言を松村さんとの対談でしてたけど。今はもうちゃんとSixTONESを楽しめてると思う。なかなかグループ愛は語らないけど、それが自担なんだと思う。甘いのかもしれないけどね。



あれを読んで嫌な気分になった方々、とりあえず何様だよって感じですがほんとすみませんでした。



もしSixTONESでデビューした時はオンリー担沢山いるし一定数の方は降りるんだろうな~と思う。自分も割とお豆腐メンタルなのでデビューの時2人、4人で格差と呼ばれるものがあったときSixTONESをみるのをやめてしまうと思う。



TravisJapanはTravisJapanでデビューしてほしいけどSixTONESは、自担は、正直バラバラでデビューした方がヲタクのためな気がしないでもない。


まあ、デビューしてくれるならもうなんでもいいなとは思うけど!!!!!!デビューしてくれるだけ有り難いけど!!!


でもやはりデビュー、というひとつの区切りの時、どうか自担のシンメには安井さんがいますように。って思っときます。ごめんなさい。





あれ、でもそもそも『デビューってどうやってするの?』






.

同担拒否嫌いだけど同担拒否になりかけててでもやっぱり同担拒否じゃない話

.




タイトルから意味分かりません




多分中身も意味分かりませんが

思うがままに書いていこうかと。笑





私にはヲタ垢というものがあって、何人かの同担さんと繋がっている。



そんな中で思ったのだ



自担と恋愛なんかしたくないし自担と結婚なんかしたくないし自担は安井さんとキラキラアイドルをして私たち人間の手の届かない場所にいてほしい



なんていう私の考えは完全に偏っているのだと。



TLに流れる同担さんたちのツイートは自担がかっこいいことをする度に



『結婚したい!!!』



だとか



『付き合いたい!!!』



だとかで荒れるのだ。



そもそも京樹、京北、京Jeにわかない(樹には萩ちゃんとか諸星さんとかひぷほいるし松村さんには高地さん、ジェシーさんいるし、ジェシーさんには松村さんと高地さんと田中さんいるじゃん?)



よってすと担の同担とは考え方がずれることはわかっていたけどそこも違うのか…となって私は困った。



ただでさえわくものが違ってその上人間の手に届かない場所にいてほしい自担にリア恋してる同担たち…。



もちろん私の考え方が全てだとは思わないし正解だとかそんなものはないと思っている。



でも気づけばTLに流れる



『結婚して!』



だとかに拒否反応を示すようになった。




なんか嫌なのだ




なんでだろうと考えた末辿り着いたのは自担はいろんな意味幻なんだと思うということ。唯一現実逃避できる場所なんだと思う。




そんな私にとって夢の中の幻の人に『結婚して!』とか言われるの現実を見せられた気がするのだ。私は自担に、アイドルに、正直現実は求めていない。夢だけを見せてほしいのだ。



だからこの先ドラマのキスシーンなんてあったら見れないと思うし自担に『結婚して!』なんていう同担に一生共感できないと思う。



同担の知り合いやすと担の知り合いがいないと一緒に参戦する人を探すのが大変なのだが私はそろそろ本気で同担拒否だ。



京本くんのお隣は私のもの♡系の同担拒否ではなく本当になんというかただただ現実を見せられるのが嫌が故にリア恋の人たちと京樹、京北、京Je推しの人たちを拒否しようとしたらほぼ同担拒否になってしまうのだが 京安推しの幻派()の同担さんなら完全ウェルカムだ。


もしそんな京本担さんいれば仲良くしてください。笑



ちなみに最近私が1年前より


『京本!!!!!!やばい!!!かっこよかった!!!無理やばい!!!』


とか言わなくなったのはやっと心の中で叫ぶことを覚えたから


っていうのとDDが故にほかの人に叫ぶ体力は使ってるからっていうのが理由です。はい。



自担が自担である限り(黒髪はあまり好きじゃないが)私のNo.1アイドルで現実逃避できる場所です。





そして1年で何故こんなに拗らせためんどくさいヲタクになったのかは私が1番わかりません!!!!!!





最後に私にとってのリア恋?枠のお二人にひとこと。







茶髪の阿部ちゃん!!!のえるくん!!!結婚して!!!!?






現場からは以上です←





.

エリザベートを振り返る

.



気づけばエリザベートが終わった



私には早かったけど自担にとってはすごく長かった…のかな。きっと2回目でも外部の、豪華キャストの、大きな舞台で、しかもWキャスト。古川くんと比べられることもあっただろうしプレッシャーも尋常じゃなかったと思う。


私は今年初めてエリザベートを中日劇場10月18日の二部で観劇したのだがそんな中でも堂々と頑張ってる自担を見て顔のにやけが止まらなくなった。この人すごいでしょ!!!私の好きな人すごいでしょ!!!と自慢したくなった。叫びたくなった。他の豪華キャストに負けてない自担が本当に誇らしかった。一緒に見に行ったいろいろ厳しい母も「京本頑張ってた!」と感激。(ちなみに母は城田優さんの美しさにやられてました)


ネットでエリザの(他キャストのファンの)レポを見て褒められてる自担を見て更に誇らしかった。


目が肥えてる舞台俳優さん、宝塚のファンさんに褒められる、ということはやはり自担の努力があったからで、そうやって努力ができる人を好きになって本当によかったと思った。


ジャニーズだから、とか、二世だとか、言われることもあったと思うけど、自担は外部の舞台で堂々と輝いてました。


エリザベートに関わったキャストさん、スタッフさん、本当に本当にロングランな公演お疲れさまでした。



そして自担、京本大我さん。



エリザだけじゃなくて、サマステも少年たちもあった中、最後の最後まで走り抜けたこと、語彙力がないためすごいとしか表せないけど本当に本当にすごいと思います。


来年があるかはわからないし、次、があるかもわからない。


でもいつかまた何かしらでエリザベートに関われたらいいね。


その時はもっともっと、進化してて、年月が経っているなら、デビューしてることを願っています。あわよくばその隣にあの子がいることも願ってます。



今日からはスケジュール的にアイランドに向けて、かな。



…自担と七五三掛さんと安井さんが同じ場所に立つとかいうのが叫びたいレベルで素晴らしい。



そして!!!!!!京安高の舞台とかなにあれ!!!!!!すてきすぎない!!!?実現したらすてきすぎない!!!?お偉いさん!!!実現を切に願っていますよ!!!



…公式出るまで待機です。はい。





ああ、とりあえず京安ください!!!!!!





…改めてエリザお疲れさまでした!!!






.

デビュー組の推しについて淡々と語る

.



題名のとおり私の好きなデビュー組の中でも推してる人について淡々と語るだけです。はい。


1.関ジャニ∞

大倉忠義

元担と言えるか分からないレベルで浅く緩く応援させていただいてました。ビジュアルも腹黒いとこも全部可愛いなあと目尻を下げて見てます。関ジャニに関しては1番好きなデビュー組でして、関ジャムもジャニ勉も全部録画してます。笑横山さんも好きです。可愛いです。色白天使。そうです、アダイブで大変なことになったヲタクです。はい。



2.Sexy Zone

松島聡

本能ZとBYAKUYAでやられました。全然セクゾ興味なかったのに気づけばアルバムが全て揃っているのは聡ちゃんパワーですかね…。恐るべし…。いつか緑のウェルセクタオル振り回せる日が来ますように。



3.Hey! Say! JUMP

知念侑李 八乙女光 山田涼介

3人も書き出したあたりでもうバカなんですけど筆者NYC世代でして…。NYC好きなんですよね~。なのでやまちねは特別枠です。笑そこに入り込む八乙女さんは顔も作る曲もタイプドストライクなんです。コンパスローズ好きすぎて危ないです。とりあえずいつかJUMP魂に行けたらなあ~という願望があります。



4.ジャニーズWEST

藤井流星 神山智洋

かみりゅせ!!!いつも行動を共にしてる子がWEST担で猿魂に同伴するためにいろいろお勉強してたどり着いたのがかみりゅせでした。(最初はあっくんでした。ごくせん…。)めっちゃ好き!ってわけではないですがテレビでWESTを見るとこの2人を贔屓目で見てますね。笑


5.KAT-TUN

赤西仁 上田竜也

いや、ろくーんの時私もこの世に存在してたのにあんなすごい人たちをちゃんと認識してなかったのがほんと残念すぎて…。田口君脱退が発表されて、ひょんなことからはいふんさんブログを拝見して、自担たちが歌ってたKAT-TUNの曲を聞きたくてqueen of piratesを借りたらDVDついてて、好奇心から見たら「なにこの人たち!かっこいい!KAT-TUNっておもしろい!」ってなり、他のはいふんさんのブログを夜な夜な見るようになり、アルバムもレンタルしたり、DVD買ってみたり…。気づけばろくーん沼にズブズブと。そうしてたどり着いたのが赤西さんと甘栗上田さんでした。早くろくーんの時のDVD揃えなきゃ(使命感←)


はい、というわけでとりあえず5グループ語ってみましたけど…淡々とという割にぐっだぐだですね~。笑でもまた機会があれば他のグループについても語ろうかな。笑



よし、少クラ待機してきます。笑



.